時候 挨拶とビジネスカテゴリの記事一覧

挨拶文章作成ツールって?

時候の挨拶は、ビジネス文章・手紙で相手への敬意を表す意味でも大切です。

会社勤めしてまだ始めの頃は、ビジネス文章を作成するにも文例や、職場のサンプルといった例を見ないとなかなか書くのも大変です。

そんなビジネスマンのために便利なツールも開発されているようです。

インターネット上で使える「直子の代筆」という便利なツールがあり、ビジネス文章の作成が誰でも簡単にできるというものです。

WEB版は無料で、アプリケーションソフトは有料となっているようです。

手紙はもちろん、礼状なども、拝啓などの起筆、時候の挨拶と言った細かな書式や様式に困ることなく作成できるそうです。

社会人になると、お礼の手紙、年賀状、お歳暮の挨拶、スピーチの原稿、冠婚葬祭の挨拶、入学式、卒業式などの挨拶文、謝罪文書、ビジネス文書、などの文を作成する機会も増えていきます。

挨拶文の文例の一覧やテンプレートを調べてみるのもとても役に立ちますよ。

挨拶の礼状文

手紙を書く上でも挨拶の文は重要な意味を持ちます。日常で生活していて、人と会ったときは先ず「こんにちは」などの挨拶をします。

そして会話をした後、「では」「さようなら」などのお別れの挨拶をします。同じように手紙上でも挨拶をすることが自然です。

挨拶文で多いのが、お世話になった人への挨拶状です。特に働いていた職場を退職予定の時に上司へ送る挨拶の礼状では、時候の挨拶もしっかり入れた挨拶文にしたいです。

就職、退職の多い3月、4月、6月など春は、時期的にも挨拶状が多く書かれているのではないでしょうか。

特に退職時は、お世話になった上司への感謝の気持ちを表したいですね。

ビジネス上では、企画書などの書類など会社同士のやり取りもありますが、そのような書類には時候挨拶は特に書かなくても良いようですが、「拝啓」などの挨拶文はあっても良いかも知れません。

就職活動での企業に、履歴書と一緒に挨拶の礼状文を添えるのも、小規模の会社には見てもらえるかもしれないので、

しっかりと、「ようやく花の季節になりました」などの時候を書いた後に本文を書くのがお勧めです。